GUIDE MAP へ戻る

 
   
 

 願名寺は牛久市の東端、奥原町にある 時宗じしゅうの寺です。
 奥雲山龍池院と号し、鎌倉時代後期の弘安3年(1280年)に宗祖一遍いっぺん上人 が開山したと伝えられています。
 境内は約2,700uあります。
 元禄期(1688〜1704年)に 伽藍がらんを焼失 してしまいましたが、天明4年(1784年)に本堂が再建されました。

 本尊は阿弥陀如来坐像あみだにょらいざぞうで、この像は鎌倉時代初期の作品といわれ、木造寄木造で像高は79cmです。
 平安時代中期に活躍した仏師定朝じょうちょうの様式をくむ貴重な作品とされ、茨城県の指定文化財(昭和33年3月12日指定)となっています。

虚空蔵菩薩立像こくうぞうぼさつりつぞう

 文化財の指定は受けてはいませんが、室町時代の作とされる貴重なものです。

梵鐘

太平洋戦争の最中の昭和17〜18年頃に軍事物資として提供し、現在の境内には、かつての大釣鐘の姿をみることはできません。

 

所 在 地

 茨城県牛久市奥原町2412
電  話  029(874)5554(牛久市観光協会)
FAX  029(871)0111(牛久市観光協会)
見学時間

 午前10時〜午後3時
 (事前に電話連絡をお願いします)

注 意

 普段は本堂には鍵がかかっており、本堂内を見ることはできません。

このページのトップへ戻る