とんきのこだわり

とんかつとんきホームへ戻る

豚肉は、龍ヶ崎市の『(株)常陽牧場』産のSPF豚を使用しています。SPF豚とは、豚の健康に悪影響を与えるあらかじめ指定された病原体を持っていない豚の事です。高いレベルの管理技術をもった農場でのみ生産のできる、安全と安心と美味しさを追求した豚を使用しています。

パン粉は、龍ヶ崎市の『ベーカリーモーニング』様に糖分を少なめに特別注文した食パンを使用しています。

卵は、牛久市奥原町の『長沼養鶏場』産の産みたての地養卵を使用しています。

油は、埼玉県越谷市の純性ラードを専用釜で炊きあげたものです。(目黒とんき本店をはじめ「とんき」全店共通です。)  

米は、美浦村安中産のコシヒカリ100%米を使用しています。

味噌は、新潟市月潟の「扇弥商店」産の国産大豆100%の味噌を使用しています。

塩は、兵庫県赤穂市の「ミヤザキ食塩工業」産の天然塩を使用しています。

キャベツは、牛久市中央の「阪田ストア」がキャベツの旬の時期に合わせて北海道から愛知まで仕入れたものを使用しています。
他の野菜は牛久市下根町のJA下根直売所や同じく下根町の農家から直接買い付けたものを使用しています。

豚肉は、大きさよりも厚さを求めています。
衣は、肉汁を逃がさないように包み、金串を使用して揚げています。
とん汁は、バラ肉、ガラ骨、国産野菜を7時間かけて煮込んだスープをもとに作っています。
とんかつソースは、昭和12年から「とんき」に伝わる製法を忠実に守って作っています。
タルタルソースは、揚げ油と素材のエビを引き立てるために、自家製にこだわり続けています。

とんかつとんきホームへ戻る